わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです

わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです

自称「捨て変態」ゆるりまいさんのコミックエッセイ。
わたしは比較的捨てられるほうですが、それでもまだ捨てきれていないことがわかります。
「なくても暮らしていける」というのはたぶんそのとおりです。
わたしも数年前にたくさんの荷物を捨てましたが、何も困っていません。
ただひとつだけ、写真をほとんど捨ててしまったことはときどき後悔します。

子どもが生まれて、いろいろと「もの」が増えてきました。
ぬいぐるみやおもちゃもわたしなら平気で捨てられるものの、
子どもが意外と覚えていることがあって、古いものもなかなか捨てづらいものです。

ゆるりまいさんの本を読んで、
「こういう家に住んでみたいな~」
と憧れるぐらいがちょうどいいかもしれません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ