藤子・F・不二雄大全集 大長編ドラえもん2

藤子・F・不二雄大全集 大長編ドラえもん 2

のび太の海底鬼岩城、のび太の魔界大冒険、のび太の宇宙小戦争の3編です。
それぞれ1982年、1983年、1984年の作品ということで、わたしが生まれた時期と重なります。
3作とも小さなときに映画版をビデオで見た記憶があるのですが、ストーリーまではちゃんと覚えていませんでした。
どれも期待を裏切らない名作ぞろいです。

海底鬼岩城はバギーが飛び込むシーンだけ記憶にありましたが、設定が素晴らしいです。
さんざん働かされて散っていくバギーが気の毒になりました。

魔界大冒険は反則技が出てきますが、それを抜きにしても面白かったです。
F先生の繰り広げる魔界ワールドにわくわくします。
思わぬ伏線も見事でした。

わたしは宇宙小戦争と鉄人兵団を混同しているところがあったのですが、このたびはっきりしました。
犬のロコロコのキャラクターがいいですね。

大全集は図書館で予約して、回ってきた順に読んでいます。
この3作はあまり期待していなかったので、余計に面白かったです。
残るは大長編ドラえもん1だけになりました。
同じ時期に予約したので、回ってこないということはそれだけ人気があるということです。
回ってくる日を楽しみにしています。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)