3時のアッコちゃん

3時のアッコちゃん

柚木麻子さんの小説。
「ランチのアッコちゃん」の続編ではあるものの、けっこう時間が経っているようです。
前作に引き続き、神出鬼没のアッコさんが問題を解決していくストーリーです。
うまくいきすぎておとぎ話のようなところも前作と変わりません。
さらっと読めてハッピーエンドなので、娯楽小説としてはいいと思います。

ただしアッコさんがメインで登場するのは4作中の2作だけです。
あとの2作はあまり面白くなかったです。
大阪と神戸が舞台になっていますが、関西に対する偏見だけで書いたような小説で、
関西に住んでいる者として気分が良くありませんでした。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)