ランチのアッコちゃん

ランチのアッコちゃん (双葉文庫)

柚木麻子さんの小説です。
表題作の「ランチのアッコちゃん」を含め、4話が収録されています。

どの話も「短期間のできごとを通して、主人公が成長する話」というふうにまとめられるでしょうか。
いじわるな目で見れば「ちょっとできすぎじゃないのー」なんて思ってしまいますが、小説だからこれでいいのだと思います。

なにより、読後感がとても良いです。
出てくるキャラクターが生き生きしていて、元気をもらうことができます。
一回目はさっと読んで、二回目はじっくり読みたくなるような小説でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)