校閲ガール

校閲ガール (角川文庫)

【2017年2月1日投稿】
宮木あや子さんの小説です。
ドラマ化されていたのでタイトルは知っていたものの、
ドラマは見ずに本だけ読みました。
主人公のキャラが立っていて、とても面白かったです。

校閲の仕事については脚色されているのだと思いますが、
なんとなくこういうものなのかという雰囲気はわかります。
続編も読んでみたくなりました。

【2022年再読】
前に読んだときは「ゲラって何?」という感じでしたが、原稿をゲラにしてもらう立場になり、また違った目線で読めました。

校閲の話だけでなく、女性同士の人間関係とか、イケメンにときめくとか、いろんな要素があって楽しかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ