ウェブでメシを食うということ

ウェブでメシを食うということ

中川淳一郎さんが自らとインターネットについてのおよそ20年を振り返る本です。
インターネットの変遷がわかって、面白かったです。
ネット上の有名人とはなんとなくつながっているものなのだなぁということもわかります。
ほかの著作には書かれていないようなエピソードも多く、楽しく読むことができました。
WebライターやWebライターを目指す人は一読しておいて損はありません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ