ドミノ

ドミノ (角川文庫)

まったく無関係な人たちがつながっていく様子を描いたドタバタ小説。
東京観光に行く新幹線の中で読んでいたら、
たまたま東京駅が舞台になっていたので、旅へのワクワク感が増しました。

内容は期待していたほどは面白くなかったです。
というより、1回読んだだけではよくわからなかったというのが正直なところかもしれません。
登場人物がごちゃごちゃしていて、ちゃんと把握できませんでした。
そのごちゃごちゃを楽しむ小説なので、もう一度読み返したら楽しく読めそうです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ