残るは食欲

残るは食欲 (新潮文庫)

阿川佐和子さんが「クロワッサン」に連載していた、
食に関するエッセイを集めたものです。
読んでいるだけでお腹が空いてくるような本でした。
こんな上品でチャーミングな文章を書いてみたいと思わせてくれます。

食に対する思い入れの深さにも目を見張るものがありました。
自分が食に対してあまり興味がないので、ちょっとうらやましいです。

表紙になっているオレンジのケーキは
とても美味しいけれどとても手間がかかる代物だそうで、
作るのに奮闘した様子も書かれています。
わたしにはとても真似できないと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ