私の消滅

私の消滅

『コンビニ人間』目当てで借りた文學界6月号に載っていたので読みました。
こんな機会でもなければ絶対に読まないタイプの小説です。

最初は「私」が誰なのかよく判らないので、根気よく読み進めていく必要があります。
最後まで読んでようやく意味が判ってきたので、もう一度読んでみて腑に落ちました。
どこを切り取ってもネタバレになりそうなので、あまり詳しくは書けません。
読んだ人がいたら感想をあれこれ話し合いたい小説です。

とても気味の悪い話なのですが、最後はなんとなく救いがあります。
少しでもうまくいってくれたらいいなと祈らずにはいられません。
人生を一からやり直したいと思っている人に読んでみてほしいです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ