容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫)

【ネタバレはありません】
先日、テレビでこの作品が原作になった映画を放送していました。
前にも見たのでもう見なくていいかなーと思っていたのですが、
見始めたらすっかり見入ってしまいました。

原作をまだ読んでいなかったので、図書館で借りてきました。
映画ではわからなかったところがわかって良かったです。

それでも石神の本心は巧妙に隠されていて、
読み手次第でいろいろな想像ができるようになっています。

しかし工藤役のダンカンに関してはミスキャストではないでしょうか。
どう考えても原作のような工藤の魅力がないのです。
たとえばガダルカナル・タカのほうがまだよかったと思うのですが
それは好みの問題かもしれません。

わたしはミステリ小説を全然読まないので
映画を見た後でなければ理解できなかったと思います。
オチを知っていても十分楽しむことができました。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)