ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

森見登美彦さんの小説です。
主人公が小学生になっても漂うテイストは一緒ですね。
森見少年もこんな感じだったのかな?と思いました。

ただの屁理屈小学生の話かと思いきやテーマは死生観に及び、
読み終わった後にはなんとも言えない気持ちになります。

ウチダくんの言う「ぼくたちは誰も死なないかもしれない」理論は
考えたこともない切り口だったので感心しました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ