「私は私」で人間関係はうまくいく

「私は私」で人間関係はうまくいく (中経出版)

何気なく手に取った本でしたが思った以上に感銘を受けました。
自分のために書かれたのではないかと思うぐらい
ぴたっと心にハマるものがありました。

わたしも他人をうらやんでばかりいるので
「私は私」というのがいかに難しいことかよくわかります。

豪邸に住んでいる人のことを嫉妬してしまったけれど、
本当は欲しくないから持っていないのだと気付いた
というエピソードが載っていました。

筆者はこれを負け惜しみだと思っていたそうですが、
友達に言われて
「私は本当に欲しくなかったのだ」
と気付いたと書いています。

たしかに人それぞれ欲しいものは違うので
他人がうらやむものを自分が欲しくなくてもおかしくありません。

どうしても欲しいものを今は持っていないとしても、
10年後には手に入っているかもしれない
というくだりも印象に残りました。

今の自分を肯定することが大事なのだそうです。
わたしにとって難しいことですが、意識的にやっていきたいと思います。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)