イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

最後の2行でどんでん返しがあるというので
それまで読み続けましたが
正直なところ大きな事件は起きず、
普通の恋愛小説という感じです。

ネタバレになるようなことは書きませんが
たしかに最後の2行は衝撃的でした。

舞台が静岡市内ということもあり
静岡出身のわたしはとても楽しく読めました。
登場人物の名前や地名など、
ところどころ静岡テイストを入れてくるのが上手ですね。

オチを知ってしまうとそういうものとしか読めなくなるので
これから読む人はラストまで順を追って根気強く読んでほしいと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)