人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

ときめき云々はよくわかりませんでしたが
片づけ自体はいいことだと思います。
わたしも実際にやってみてスッキリしました。

過去に断捨離の本も読んでみて
わりといろんなものを捨てたつもりだったのですが
改めてやってみるとゴミ袋10袋くらい捨てるものが出ました。

この本が断捨離と違う点は
捨てるものではなく残すものに着目することです。

使っていない、必要でないから捨てるのではなく、
物に対してときめくから残すという観点は面白かったです。

残すものはいわば一軍なので
物に対して
「これは一軍としてふさわしいか」
と考えていくと結構スムーズに進みました。

すっかりハマってしまって
ここ3日は寝食を忘れて片づけに励んでいます。

全ての物に向き合うことによって
どこに何があるかわかりやすくなるのもいいですね。

「これは燃えるゴミとして出せるのだろうか」
と疑問に思うような物でも結構出していいことがわかり、
ゴミ分別にも詳しくなりました。

もともと片づけは得意でもないし
苦手でもないという感じのわたしにも
「こういう片づけをすればよかった」のかという
一つの指針となった気がします。

「片づけをすると人生が好転する」みたいな
スピリチュアルな部分は読む人を選ぶと思いますが
片づけのやり方自体は参考になるのでおすすめです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ