火花

火花

単行本の画像を表示していますが
文學界2月号で読みました。

言わずと知れた話題作なので
どうなんだろう?と思いながら読みましたが
普通に面白かったです。

「僕」が神谷さんという人に寄り添う形で書かれています。
周りのことはあまり伝わってきません。
神谷さんのことだけを書きたかったのでしょう。

神谷さんは森田まさのり漫画に出てきそうな漫才師です。
べしゃり暮らしのイメージがあるからかもしれません。

どうして神谷さんにそこまで心酔するのか判らない反面、
そのことが「僕」のアイデンティティなのかなという感じがします。

だらだらしたストーリーで
特別何が起こるわけではないため
厳しい感想を持つ人は多いと思います。

でも小説って
こういうものなんじゃないかなという気もします。

次にどんな作品を書くのか興味が湧きました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)