辞書を編む

辞書を編む (光文社新書)

辞書編纂者の飯間浩明さんの著書です。
辞書ができるまでの状況を詳しく書いています。

編集会議とその後の食事のことについても
書いてあるのが面白かったです。

前にもこの方の著書を読んで
三省堂国語辞典を読みたくなったということを書きました。

子どものころ、
辞書というと絶対的に正しいものだと思っていました。

それが単なる書籍の一種だということを知っていると
辞書に対する見え方も変わってくる気がします。

ちなみに『辞書を編む』というタイトルは
三浦しをんさんの『舟を編む』を
インスパイアしたそうです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ