ぼくだったら、そこは、うなずかない。

ぼくだったら、そこは、うなずかない。

世間で常識とされることに対して
「ぼくだったらこう考える」ということが
一問一答形式のように書かれています。

ところどころ、ためになると思える部分はあります。
しかし文章が気持ち悪いです。
読んでいてイタい大人としか思えません。

一例を挙げると、こんな感じです。

「友達は多い方がいいよね。
少ないと寂しいヤツみたいじゃん。」
→きゃっ、ぼく、寂しいヤツ?
友達の人数は自慢できませーん。二〇人くらいかなあ。

終始こんなノリです。
そういうものだと思って読めばいいのですが
わたしはずっと違和感をぬぐえませんでした。

内容も常識を否定するだけなので
「みんなと違う俺カッコいい」という印象。

もう少し他のやり方があったんじゃないかな?と
思うような本でした。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇

管理人からのお知らせ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)