日本人はどう死ぬべきか?

日本人はどう死ぬべきか?

養老孟司さんと隈研吾さんによる対談本です。
タイトルのとおり「死」がテーマになっていますが、死そのものについて掘り下げるというよりは、いろいろなテーマから死に対してアプローチしています。

一番印象に残ったのは、「マンションで人が死ぬことが想定されていない。なぜなら、マンションのエレベーターには棺桶が入らない」というくだりです。

基本的に棺桶は立てて持ってはいけないので、最新のマンションではエレベーターの壁の一部を外して棺桶が横に入るようになっているのだとか。

いままで考えたことがなかったことをふっと考えさせてくれる本でした。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)