M 愛すべき人がいて

M 愛すべき人がいて (幻冬舎文庫)

小松成美さんの小説。
浜崎あゆみさんの来歴をもとにしたフィクションです。
同名のドラマはフィクションのフィクションという感じで、本当のことはほとんどないんじゃないかと思わせてくれるところがよかったです。
随所に挟まれる歌詞を見るたび、曲が頭の中に流れました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ