死にたいって誰かに話したかった

死にたいって誰かに話したかった (双葉文庫)

南綾子さんの小説。
生きづらい男女が共同生活をしながら自身の生きづらさを語る「生きづら会」のお話。
奈月の不器用さにイライラしつつ、そういうことあるなぁと思うところも多く、楽しく読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ