昭和の犬

昭和の犬 (幻冬舎文庫)

姫野カオルコさんの直木賞受賞作。
昭和~平成の滋賀県を舞台にした、一人の女性と、犬のお話です。
最初読みはじめたときにコメディなのかな?と思ったら、全然そんなことはなく、だからといって重苦しいわけでもなく、不思議なところを漂うお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ