家庭用安心坑夫

家庭用安心坑夫

小砂川チトさんの群像新人文学賞受賞作で、第167回芥川賞候補作。
かつて存在した鉱山を模した資料館の坑夫人形をめぐるお話で、終始もわもわした得体の知れなさが漂います。
ハマる人にはハマりそう。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ