雪のなまえ

雪のなまえ (文芸書)

村山由佳さんの小説。
学校に行けなくなった小5の女の子が父親の故郷で暮らすようになり、変化していく話。
展開はなんとなく想像がつくものの、楽しく読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ