此の世の果ての殺人

此の世の果ての殺人

荒木あかねさんの江戸川乱歩賞受賞作。
もうすぐ隕石が落ちてきて滅びる世界で起こった殺人。
主人公のハルちゃんがマイペースでかわいくて、凄惨な世界とのギャップがめちゃくちゃよかったです。
弟があんなことになっているのに、「弟とそっくり」と言われて、地の文で「似てるかな」とか言っちゃうの、「すげえな」と感動しました。
選評ではミステリーとしては易しすぎると言われていますが、ゴリゴリのミステリーは意味わかんなくなっちゃう勢としてはちょうどよく楽しめました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ