向日葵の咲かない夏

向日葵の咲かない夏(新潮文庫)

道尾秀介さんの小説。
ヨビノリたくみさんがよく「一番好きな小説」と言っているので読んでみました。
救いがないとか気持ち悪いとか言われていて、その予備知識を持って読んだため、そこまでダメージはくらいませんでした。
たしかに人が死んだとか殺されたとかいう話です。
真相が二転三転していくさまが興味深く、むしろけっこう好きだと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ