雨滴は続く

雨滴は続く (文春e-book)

西村賢太さんの著書。
37歳ではじめて「購」談社を訪れるくだり、自分と重なるものがあって妙にじーんときました。
これと『苦役列車』しか読んでいないので、ちゃんとほかの北町貫多も読まなきゃだめだなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ