夏鳥たちのとまり木

夏鳥たちのとまり木

奥田亜希子さんの小説。
中学生を家に泊める年上の男はろくなものではないという話。
葉奈子が星来にしたことは「ちょっとやりすぎでは」と思いつつも、読んでいくうちに「でもやっぱりそれでよかったのかもなー」となっていくのがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ