翡翠色の海へうたう

翡翠色の海へうたう

深沢潮さんの著書。
小説家志望の女性が、従軍慰安婦の取材のため沖縄を訪ねる話です。
「当事者以外が小説を書いていいのか?」という大きな問いもはらんでいます。
ハードな描写が多くてつらくなりますが、読まずにはいられない引力を感じる作品でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ