それを読むたび思い出す

それを読むたび思い出す

三宅香帆さんのエッセイ。
高知で生まれ育ち、大学時代を京都で過ごし、現在東京に住んでいる著者について書かれています。
京都での大学時代は自分も似たところがあって、10年以上後なのにそこに流れる風景が変わっていないことがわかりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ