同志少女よ、敵を撃て

同志少女よ、敵を撃て

逢坂冬馬さんのデビュー作にして直木賞ノミネート作。
すごくよかったです。
一見穏やかなラストも、なんともいえない悲しみをたたえていて、余韻も含めてぐっときました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ