海蝶

海蝶

吉川英梨さんの小説。
女性初の潜水士とその家族の話です。
ひとつの海難事故と東日本大震災が大きなテーマになっていて、ハラハラしながら読みました。

本筋とは関係ないところですが、2020年に「清水市」が出てきて、これは架空の地名ということなのか、間違いなのか、とても気になりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ