まだ温かい鍋を抱いておやすみ

まだ温かい鍋を抱いておやすみ

彩瀬まるさんの小説。
食べ物が出てくるのがわざとらしくなく、人々が元気づけられているようすが伝わってきてとてもよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ