透明な夜の香り

透明な夜の香り (集英社文芸単行本)

千早茜さんの小説。
最初のうちは朔さん鼻が良すぎでは……と突っ込みたくなってしまいましたが、すぐにこの世界に没入し、最後までぐいぐい読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ