白い薔薇の淵まで

白い薔薇の淵まで (河出文庫)

中山可穂さんの小説。
女性同士の性愛を書いた話で、終始仄暗い雰囲気。
読んだ人と語り合いたくなるような、とにかく惹きつけられるお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ