貝に続く場所にて

貝に続く場所にて

石沢麻依さんのデビュー作にして芥川賞受賞作。
コロナ禍の現在から東日本大震災を振り返る話と紹介されていますが、それだけでは説明し難い雰囲気に包まれたお話です。

ご本人が展開が早すぎてついていけないというようなことを話していましたが、2020年10月末締切の群像新人賞を受賞して2021年7月に芥川賞なので、ほんとにそうだろうなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ