片想い

片想い (文春文庫)

東野圭吾さんの小説。
20年前の作品ですが、今に通じるジェンダー問題を扱っていて、全然古く感じませんでした。
事件を追いながら、主人公夫妻の関係も変わっていくのがいいなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ