星のように離れて雨のように散った

星のように離れて雨のように散った (文春e-book)

島本理生さんの著書。
心に傷を負っている主人公が自分を見つめ直していく話というのは島本さんが得意とするところなのに、全然マンネリ化にならず、いつも新しい気付きをくれるところがすごいな~と思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ