噓と正典

嘘と正典

小川哲さんの小説。
純文学のような味わいのある文章でした。
最初の「魔術師」に引き込まれ、どういう意味だろうとしばらく考え込みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ