明日の記憶

明日の記憶 (光文社文庫)

この小説のすごいところは、重く悲しい題材を扱っているはずなのに、
最後までユーモラスな雰囲気が漂っているところです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ