危険なビーナス

危険なビーナス (講談社文庫)

東野圭吾さんの小説。
危険なビーナスが胡散臭すぎて何者なのか最後まで楽しんで読みました。
女性に対する主人公の視点が気持ち悪いところも含めて、こういう話なのかなと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ