夜が暗いとはかぎらない

夜が暗いとはかぎらない (ポプラ文庫 て 3-4)

寺地はるなさんの小説。
大阪の小さな町に暮らす人々を描いた連作短編です。
どこの地方都市にもありそうなリアルな人間関係で、ところどころしんどくなるところもありつつ、こういうことってあるなぁと思いながら読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ