白夜行

白夜行 (集英社文庫)

東野圭吾さんの小説。
もともと連作短編だったものを長編に再構成したとのことですが、「どうやって!?」と思ってしまうような重厚なお話でした。
ラストシーンがなんとも言えません。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ