ミドリのミ

ミドリのミ (講談社文庫)

吉川トリコさんの小説。
父親と恋人の源三と3人で暮らす小学生ミドリ、その母喜美子など、それぞれの視点から語られるストーリーです。
現実の息苦しさが現れていて読むのがつらいところもあります。
その後のミドリがどうなったのか、想像を巡らせたくなるお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ