共謀小説家

共謀小説家

蛭田亜紗子さんの著書。
明治時代、冬子という女性が小説家を目指すも性別の壁に阻まれ、さらにはひどい仕打ちをされ、小説家の男と結婚し、共謀していく……という話。

フェミニズムに偏りすぎていないところがよくて、本当にこんな女性がいたんじゃないかなと思わせてくれる小説でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ