乳房のくにで

乳房のくにで

深沢潮さんの小説。
最初から最後まで一気読みでした。

思いっきりネタバレしますが、沙羅も光も元気に育ちます!
そこがめちゃくちゃ不安でハラハラしながら読んでいました。
ほかにも問題は山積みでしたが、最後はほっとすることができて、いいお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ