東京近江寮食堂

東京近江寮食堂 (光文社文庫)

渡辺淳子さんの小説。
滋賀のおばちゃんが東京近江寮食堂で働きながら、そこに集う人々の悲喜こもごもを見る話。
滋賀県民には共感できるところがたくさんありました。
続編もあるようなので、これから読んでみたいです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ