百の夜は跳ねて

百の夜は跳ねて

古市憲寿さんの著書。
芥川賞候補になったものの、参考文献に木村友祐さんの小説「天空の絵描きたち」があることで、物議を醸していました。
とはいえ、この作品も老婆との不思議な関係が面白かったです。
次は「天空の絵描きたち」も読んでみようと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ