パリの砂漠、東京の蜃気楼

パリの砂漠、東京の蜃気楼 (ホーム社)

金原ひとみさんのエッセイ。
フランスに住んでいたときのエッセイも東京に戻ってきてからのエッセイもトーンが変わらず外国みたいに見えるので、この方は自分の世界を生きているのだろうということが伝わって面白かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ