太陽はひとりぼっち

太陽はひとりぼっち

鈴木るりかさんの小説。
『さよなら、田中さん』がとてもよくて、同じ登場人物のこの本も続けて読みました。
LGBTとか毒親とかホットな話題を無理なく文脈に取り込んでいます。
お母さんのキャラクターだけに頼っていないところがいいなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ