全部ゆるせたらいいのに

全部ゆるせたらいいのに

一木けいさんの小説。
アルコール依存症がテーマになっています。
4編のうち最初の「愛に絶望してはいけない」は小説新潮で読んだことがあって、この本も全体的にしんどい本なんだろうな~とわかっていながら読みました。
ほんとにしんどかったです。
この先もうまくいかないんじゃないかな……って感じがしてしまいました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ